トップページ > 会長挨拶

常に感謝の気持ちを大切に

  会 長  伊 藤 彰 康
 

 平成二十九年度愛知県小中学校PTA連絡協議会会長を務めさせていただきます伊藤彰康と申します。本年度は県P連会長という大役を仰せつかり、身の引き締まる思いとともに大変大きな学びの機会をいただいたこのご縁に感謝申し上げます。
 私は、県P連の事業は、すべて各校の単位PTAの活動が充実していくための事業だと考えています。子どもたちに寄り添い、子どもたちのために直接行動ができるのは、各校の単位PTAに他なりません。県P連は単位PTAの活動を後ろから応援する立場にあることを自任し、本年度の事業に注力していきたいと思います。
 また、平成三〇年度には、日本PTAの東海北陸ブロック研究大会がここ愛知で開催されます。研修事業の最も大きな大会の一つを来年度には愛知が引き受けることになります。県P連でも本年度は、その実行委員会を設置いたします。愛知県内のみならず、東海北陸ブロック内の単位PTAが充実していくための研究大会を成功に導くよう準備を進めてまいります。
 ところで、近年PTAは、保護者から敬遠される存在となりつつあります。たしかに強引な役員選考や、慣例に従った決め方や進め方をすることで、時代の変化に対応できていない部分はあるかもしれません。PTAとしては、その変化に対応して効率の良いやり方へ変えていく必要はあると考えます。
 しかしながら私は、PTAほど素晴らしい活動はないと思っています。PTAは子を持つ親である私たちの出会いと学びの場であり、PTA活動を通して、多くの経験や学びを得ること、また多くの仲間と出会い、たくさんのご縁を繋いで、そして地元に還元することが大切であると思います。少し話は変わりますが、皆さんは親孝行ができていますでしょうか?私たちにとって、子供たちは大切な宝物ですが、それ以上に大切にすべきは自分たちの両親であると思います。子供たちには心で向き合い、たくさんの愛情を注ぐことで、その愛情を受けた子供はそのまた子供へ愛情を注ぐようになります。そして両親には常に感謝の心を持ち、助け、支えていくこと、もしご健在でなくても、毎日感謝の気持ちをもって手を合わせることで、その姿を見て育った子供たちは、いつか私たちが年老いたとき、きっと大切にしてくれます。PTAにおいても同様に、私たちひとりひとりの保護者が、子供たちのために、そして地域のために、できることを考え、力を合わせて日々活動していくこと、生活していくことで、20年後、30年後の日本を支える子供たちへ、より良い形で引き継ぐことができると思います。今の日本を支えているのは私たちであります。一人の人間として、日本人としての誇りを持ち、常に感謝の気持ちを大切に取り組んでいきましょう。
 どうぞ、一年間宜しくお願いいたします。


ページの一番上へ
会長