トップページ > 会長挨拶

コミュニケーションの大切さ
 会 長  濱 出 研 介

 令和4年度愛知県小中学校PTA連絡協議会会長を務めさせていただきます濱出研介と申します。本年度、各学校・地域にてPTAに関わり活動・ご支援していただける皆様、そして先生方に心より感謝申し上げます。また、皆様と関わりながら保護者として様々なことを学ばせていただく機会を与えていただき、大変ありがとうございます。
 私は豊田市に在住し、本年度子どもの通学する中学校でPTA会長を務めさせていただいております。何らかの形で少しでも、子どもたち・先生方・地域の方々と関わり合い貢献することができればと思い、子どもの成長に合わせて小学校や中学校でPTA役員をさせていただいてきました。その中で多くの方からお話を聞かせていただくとともに、いろいろな活動に参加させていただき、恥ずかしながら貢献するというよりも、日々学ばせていただいています。今後は学ぶだけでなくPTA活動での経験を通し、関係する皆様と意見交換しながら、次につながる活動を進めていければと考えております。
 さて、世界や日本では日々様々なことが起き、変化しています。その中でも新型コロナウィルス感染症が私たちの生活に大きな影響を与えました。今は少しずつもとに戻りつつありますが、子どもたち・先生方・保護者あらゆる方々が環境変化を余儀なくされ、学校環境・行事、地域行事など、そのあり方から考えさせられることになったのではないでしょうか。子どもたちの様子を見ていると、いろいろな行事が中止もしくは縮小となり、タブレットが配付され、時にはオンラインで授業に参加していました。自身の仕事においても、同様な環境変化が起こっています。リモート勤務やWEB会議が導入され、今も継続し、定着しつつあります。このような中で、人とコミュニケーションをどのように取っていくことがよいのか、大きな課題だと感じています。カメラを用いてお互いに顔の見えるコミュニケーションはある程度できるでしょう。ただ決められたメンバーで必要な順に話し聞くことはできても、同じコミュニティの中で、複数グループで何気なく会話を始めることはできず、思いついてすぐコミュニケーションをとることは難しいです。やはり同じ空間で直接面と向かって話す機会が必要な時があり、それによって得られるものがあるのではないでしょうか。そのようなことが子どもたちにもないのかと考えてみると、幸いにして子どもたちは日々学校に通うことができており、改めて先生方や地域の皆様に感謝しなければと感じています。
 このように社会が大きく変化していく中で、子どもたちの環境も同様に変わってきています。最も近いところで、先生方が課題解決に向けてご尽力くださっているものと思います。一人の保護者としてもPTAとしても、先生方や地域の皆様と協力しながら、子どもたちが笑顔で健やかに学び続けられる環境を作ることに貢献できるよう、PTA活動を考えて参りたいと思います。皆様のますますのPTA活動へのご理解とお力添えをいただけますと幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

ページの一番上へ
会長