トップページ > 会長挨拶

恩送り
 会 長  伊 藤  準

 令和元年度愛知県小中学校PTA連絡協議会会長を務めさせていただきます伊藤 準と申します。身に余る大役に大変光栄であると共に、重責の重さを感じております。この一年、貴重な経験をいただくことに感謝し、微力ながら全力で職責を全うする所存でございます。
 さて、皆様、「恩送り」という言葉を耳にしたことがございますか?恥ずかしながら私はここ最近知った言葉なのですが、大変興味深い言葉でしたので皆様にご披露させていただきたく思います。
 恩を直接受けたその人に返すことを恩返しといいます。その恩を忘れてしまうことを恩知らずといいます。恩送りとは恩を受けたそのことをまた別の人に恩を送り、またその恩を受けた人がまた別の人に恩を送ること、そうして恩が世の中に回っていく様を恩送りというそうです。今思えば、自分が小さかった頃、地域の大人の方々が登下校や遊んでいるときなど見守ってもらっていた事を記憶にしております。だからこそ安心して暮らしてこられ、今の私たちがあるのだということに気づきました。
 保護者の立場になった今、子供達が安全に安心して地域で過ごすために自分に何ができるのか?他の保護者の方々や先生方と連携し、すべては子供達のためという思いで地域のすべての子供達を見守るべきだと強く感じております。そして、いつかそんな地域の子供達が大きくなり、今度は、自分たちの子供のために地域に何か貢献することができないかと感じてもらえれば、我々のこれからの活動の大きな励みになります。
 私が今回この大役を引き受けさせていただいたのは、幼少の頃に地域の方々に受けた恩があったからだと思います。断るという選択肢もあったと思いますが、それは恩知らず、受けた恩を自分で止めてしまうこととなり、これから先の私の人生において後悔してしまうだろうと思ったからです。この大役を引き受けさせていただいたことで、恩がまた世の中に回っていくのではないかと、そう感じてもらえる活動ができることに感謝しております。
 私自身微力であるがゆえに周りの方々にはご迷惑をおかけする事と思いますが、子供達のため、そして自分自身のために、この一年全力で取り組みたいと思っております。どうか皆様のお力添えをお願いすると共に私の会長の挨拶とさせていただきます。
 一年間どうぞよろしくお願いいたします。

ページの一番上へ
会長