トップページ > 事業計画


令和元年度 愛知県小中学校PTA連絡協議会事業計画
 
重点事業
第75回日本PTA東海北陸ブロック研究大会三重大会、第67回日本PTA全国研究大会兵庫大会への参加研修
情報交換事業の実施(県内10会場)及び郡市P連独自主催の情報交換事業の促進
新たなシリーズの研究目標を作成するために、役員会・理事会及び常置委員会等の充実
研修事業の充実(母親代表・役員・理事合同研修会、県教委共催指導者研修会県内9会場)
広報活動の充実(広報紙「愛知のPTA」の発刊、ホームページの更新、PTA新聞コンクールの実施等)
教育環境浄化活動及び青少年非行防止活動の推進(携帯・スマートフォン等の安心安全利用及びいじめ防止対策推進の啓発活動、有害情報の規制強化への働きかけ等)
人権と命の尊重の普及啓発活動の推進(いじめ防止標語コンテスト及びキャンペーンの実施等)
関係諸機関・諸団体との連携の強化(諸団体主催事業・会議への積極的な参加・協力)
 
年月日 会議名等 場 所 事業の概要等
2019.6.5 安全互助事業審査委員会 愛知県教育会館 平成30年度の受付事故状況のまとめ、案件の審査
新旧役員会・理事会 平成30年度の反省と令和元年度総会議案及び運営計画等
6.12 総 会 愛知県芸術文化センター 平成30年度事業報告、決算・監査報告
令和元年度役員選出、事業計画案・予算案審議、宣言文採択、記念公演
6.27 第1回役員会・理事会 愛知県教育会館 令和元年度重点事業実施計画、活動方針、日P全国研究大会への参加、常置委員会の組織づくりと活動、安全互助事業委員の委嘱等
7.2 教育事務所担当主事会 愛知県教育会館 年間事業計画についての連絡調整等
郡市P連事務局担当者会 同 上
情報交換事業連絡会 情報交換事業の実施等
7.18 臨時役員会 愛知県教育会館 三行詩応募作品の県内審査、母親代表・役員・理事合同研修会の打合せ・準備等
母親代表・役員・理事合同研修会 PTA活動を推進していくための研修 
演題「 未定 」
講師:山崎 洋実 氏(ライフコミュニケーションコーチ)
8.23
8.24
第67回日本PTA全国研究大会兵庫大会 兵庫県神戸市他 全体会・分科会への参加研修、情報交換等(85名の参加要請:含む役員)
9.5 安全互助事業審査委員会 愛知県教育会館 受付事故状況の報告、事故報告に基づく審査
第2回役員会・理事会 情報交換事業、日本PTA年次表彰候補者選出、いじめ防止標語コンテスト、PTA新聞コンクール、書き損じはがき集約依頼等
10.18
10.19
第75回日本PTA東海北陸ブロック研究大会三重大会 三重県津市、名張市、
松坂市、伊賀市
全体会・分科会への参加研修、情報交換等(250名の参加要請:含む役員)
11.14 郡市P連事務局担当者会 愛知県教育会館 年間事業計画についての連絡調整等
11中下旬 日本PTA年次表彰式 東京 優良PTA等の表彰(文部科学大臣表彰、日本PTA会長表彰:団体・個人)
12.4 安全互助事業審査委員会 愛知県教育会館 受付事故状況の報告、事故状況に基づく審査
第3回役員会・理事会 「愛知のPTA」編集計画、書き損じはがき収益金の配分、小中学生の携帯電話・スマートフォン等の適正な利用に向けて等
常置委員会 各常置委員会の活動報告、意見交換等
2020.1.16 臨時役員会 愛知県教育会館 令和2年度目標・活動方針等の原案検討・作成
2.4 安全互助事業審査委員会 愛知県教育会館 受付事故状況の報告、事故状況に基づく審査、東海北陸安全互助会の報告
第4回役員会・理事会 令和元年度事業・決算の中間報告、令和2年度の目標と活動方針、令和2年度研究委嘱PTA、令和2 年度情報交換事業等
4.14 広報環境委員会 愛知県教育会館 PTA新聞コンクール応募作品の県内審査
5.14 新旧会長・副会長会 愛知県教育会館 新旧会長・副会長の引継ぎ会
6.1 会計監査会 愛知県教育会館 令和元年度の会計監査
6.3 安全互助事業審査委員会 愛知県教育会館 令和元年度の給付状況のまとめ、案件の審査
新旧役員会・理事会 愛知県教育会館 令和2 年度総会計画等
   
 
令和元年度 愛知県小中学校PTA連絡協議会 目標および活動方針
 愛知県小中学校PTA連絡協議会は、昭和25年2 月の結成以来、一貫して子どもの健やかな成長を目指し、単位PTA及び郡市PTA連絡協議会との相互連携のもとに、保護者と教職員が共に手を携えて活動し、多くの成果をあげてきた。
 しかし、少子化や核家族化、高度情報化、グローバル化など、今日の社会や家庭環境の急激な変化は、子どもの健やかな成長に大きな影響を与えている。とりわけ、スマートフォンをはじめとするデジタル機器からの有害情報の氾濫、いじめ、非行・犯罪の低年齢化、子どもを巻き込む凶悪事件の発生等が依然として後を絶たず、憂慮すべき状況にある。また、学校現場においても様々な対応が求められ、その対応は増加の一途を辿っている。加えて新学習指導要領の全面実施に向けての対応は喫緊の課題となっている。
 このような現状を踏まえ、愛知県小中学校PTA連絡協議会は、夢と希望をもち主体的に未来を切り拓くことのできる子どもの育成に向けて、PTA活動の本来果たすべき役割を再確認するとともに「教育の原点は家庭にある」ことを自覚し、家庭、学校、地域のそれぞれの教育機能を理解し、責任を分かち合いながら、共に学び、共に育ち、共に考え行動していく。
     
     
目 標

「愛と知で 子どもたちの未来に 夢と希望を」
― 共に学び 共に育ち 共に考動するPTA ―


 
 
活動方針

1 家庭教育力の強化を図る

  子どもと語り、共に考動し、保護者としての自覚を高めるとともに、自らの責任を果たし、家庭教育の充実を図る。
  家庭の果たすべき役割を見つめ直し、子どもが食生活をはじめとする基本的な生活習慣を身に付けられるように、家庭で守るべきルールづくりに取り組む。
  子どもとのふれあいをより一層深め、心のよりどころとなる家庭環境をつくる。

2 学校支援を積極的に進める

  保護者と教職員が共に手を携えて考動し、子どもたちの健やかな成長を支える。
  学校教育への理解を深め、学校教育活動への積極的な支援と参加を進める。

3 地域社会との緊密な連携を築く

  地域との緊密な連携・融合を積極的に図り、共に考動し、子どもにとって安心・安全な社会を築く。
  子どもが豊かな体験活動をすることのできる社会環境を、地域と共に整える。